弁護士志望Aの法律学習ゼミ

将来弁護士になることを夢見て学習中のAによる学習ブログ


technology-792180_640


勉強や仕事をしている人にとって、飲み物といえばコーヒーを思い浮かべる人がいるかもしれません。

私も勉強している時は常にコーヒーを片手に勉強するようにしています。

コーヒーを飲むと集中できたり作業効率が上がったりと、勉強にとってすごくいい効果があるんです。

なので今回はコーヒーがどのように勉強に役立つのか、コーヒーの効果をさらに上げるトッピングなどを紹介していきたいと思います。

「勉強に集中できない」「勉強を始めるとすぐに眠くなってしまう」「勉強のやる気が全然出ない」という人は、本記事を参考にしてコーヒーを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

コーヒーを飲むことできっとバリバリと勉強を進めることができるようになれますよ。


勉強に役立つコーヒーの効果とは

coffee-tin-1705026_640

集中力を上げる

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインは勉強にとって非常に有益です。

特に一番大きいのはカフェインを摂ると集中力を上げることが期待できるという点です。

朝、昼、晩、いつ勉強するにしてもコーヒーを飲んでカフェインを摂ることによって集中力を上げて効率よく勉強することができます。

勉強になかなか集中できない場合はまず熱々のコーヒーを飲んで脳の活動を促すことが効果的です。

ストレス解消になる

コーヒーを飲むと心が落ち着きます。

熱いコーヒーにミルクをかけてゆっくりと時間をかけて飲むとそれだけで心が癒されていきますね。

またコーヒーの香りにはリラックス効果も期待できるということが分かっています。

なので勉強でストレスを感じてしまうという人は、コーヒーの香りを楽しみながら飲むとストレスを軽減・解消できるので、コーヒーを飲みながら勉強するといいです。

疲労回復できる

コーヒーを飲めば勉強で疲れた頭を癒すことができます。

コーヒーブレイク」という言葉があるように、勉強や仕事の合間の休憩にはコーヒーが付き物です。

コーヒーを飲むながら少しゆっくりするだけでリラックスもできるしかなり脳を休めることができます。

なので、勉強に疲れてきたなぁ、と感じた際にはちょっとコーヒーを飲みつつぼーっとしてみてはいかがでしょうか。

あと、脳の疲れは糖分不足だったりもしますので、甘いコーヒー(カフェラテとか)を飲んだり、ミルクや砂糖を入れて甘くすると疲労回復効果を高めることができます。

疲れた時はちょっとカフェで一休みというのがいいかもしれませんね。

記憶力を上げられる

カフェインを摂ると記憶力が高まる可能性が報告されてます。

いろんな実験でカフェインによって記憶力が高まる可能性が示唆されているのです。

勉強のほとんどが記憶する作業ですよね。

なので勉強で効率よく成績を上げたいなら記憶力を高めるのが一番なのですが、そのためにはコーヒーがすごく役に立ちます。

カフェインが豊富に含まれているコーヒーを飲みながら勉強すると、効果的に記憶することができて非常に有益です。

眠気を解消できる

カフェインには興奮作用があります。

眠気が襲ってきた時にコーヒーを飲んで目を覚ます人は多いでしょう。

これはカフェインを摂ることで興奮作用を利用して眠気を解消することを期待しているということです。

ただ、カフェインの効果が現れるにはコーヒーを飲んでから一定の時間(およそ30分〜1時間)経つ必要があります。

なのでもしも眠気が来そうならその段階ですぐにコーヒーを飲まなければいけません。

おすすめなのは、お昼に20分くらい仮眠をとる時間があれば仮眠前にコーヒーを飲むと、ちょうど起きた時にカフェインの効果が効き始めていい感じに目が覚めてスッキリできます。

コーヒーによる眠気解消には即効性がないということをしっかりと頭に入れておきましょう。

コーヒーにトッピングを入れるとさらに効果UPする

cappuccino-756490_640

コーヒーを飲むだけでも勉強にとって非常にいい効果が期待できるのですが、コーヒーにさらにトッピングを追加するとより効果的になるかもしれないんです。

私がよく入れるものでおすすめのトッピングをいくつか紹介したいと思います。

どれもコーヒーとよく合いますし、勉強にも役立つ可能性があるのでとてもおすすめですよ。

ココアパウダーを入れて集中力UP

ココアパウダーにはカカオがたくさん含まれています。

カカオは脳の活性化集中力の向上といった効果を期待することができます。

なので、コーヒーにココアパウダーを入れて飲むと、集中力UPに繋がるということが言えるのです。

また何よりもコーヒーにココアパウダーを入れるとすごく美味しくなります。

美味しくコーヒーが飲めて勉強も捗るなんて一石二鳥ですね!

個人的にコーヒーに入れて一番良かったものランキング1位なので気になる方は試してください。

シナモンを入れて記憶力UP

シナモンもすごくおすすめです。

シナモンは記憶力を高める可能性が報告されている上に、美容や健康面でも好影響が期待できる超優秀な食べ物です。

ちょっと匂いが独特なので、私はコーヒーに入れる際は少量に止めるようにしています。

シナモンが嫌いじゃない人は、コーヒーに入れて記憶力増強に役立ててみてはいかがでしょうか。

もしくは、カフェでコーヒーを飲みながらシナモン入りのアップルパイとかケーキを食べるのもいいと思いますよ。

豆乳を入れて脳を活性化

豆乳には脳を活性化して記憶力や集中力を高める「大豆レシチン」という成分が含まれています。

なので、豆乳をコーヒーに入れることで脳を活性化させて勉強に役立てることができます。

私は豆乳が好きなのでカフェで勉強したりする時はソイラテを頼むようにしています。

私の実感としても豆乳を入れると勉強のやる気が出たり作業効率が上がったりといい影響がある気がしています。

もしかすると人によっては効果がないかもですが、試してみる価値アリですよ!

コーヒーを飲んで勉強する際の注意点

coffee-1576552_640

コーヒーの飲み過ぎは逆効果

過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉があるように、何事もやり過ぎてしまうと逆効果になります。

コーヒーを勉強にいい影響があると思って飲むすぎると大変なことになります。

コーヒーを飲み過ぎて気持ち悪くなることもありますし、耐性がついてしまってコーヒーの効果が薄くなる可能性もあります。

コーヒーを飲みながら勉強する際は、適度な量に止めるようにしましょう。


夜中に飲むのは睡眠不足のもと

コーヒーのいちばんの問題は眠気が覚めることかもしれません。

もちろん、お昼に勉強するとか仕事するとかの場合は、眠気がなくなること自体はすごくいい効果だと言えます。

でも、もしも夜に飲んでしまうと眠れなくなって睡眠不足状態に陥ってしまう危険性があります。

睡眠は記憶力を増強したり集中力を回復したりと勉強にとって非常に大事な行動です。

なのに、コーヒーを飲むことによって睡眠不足で勉強効率が悪くなってしまっては本末転倒といった感じですよね。

夜はしっかりと寝るためにも、コーヒーを夜遅い時間に飲むのは避けるようにしましょう。

まとめ

コーヒーは勉強の友です。

コーヒーを飲みながら勉強すると集中力が上がって作業効率高く勉強することができたり、勉強のストレスを和らげながら勉強することができます。

また、ココアパウダーやシナモン、豆乳など、いろんなアレンジを加えることによって飽きることなく飲むこともできます。

コーヒーは勉強に有益なだけではなく、もはや必須の飲み物とも言えるかもしれませんね。

適切な量のコーヒーなら飲んでも損になることも基本的にはないので、もしもイマイチ勉強に集中できないと思っているのなら、コーヒーを飲んでみることを強くおすすめします。

おすすめのコーヒー紹介

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

SPONSORED LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット